原告側と争う姿勢 住民投票巡り市長 石垣陸自配備

 石垣市住民投票を求める会(金城龍太郎代表)が、陸上自衛隊配備の賛否を問う住民投票実施を求めて市を提訴したことに対し、中山義隆市長は24日、「裁判でも市の考えを述べたい」と述べ、原告側と争う考えを示した。記者懇談会で報道陣の質問に答えた。

 同会は有権者の4分の1を超える約1万4千人分の署名を集め、地方自治法の手続きで住民投票条例の制定を請求したが、条例案は市議会で否決された。
 しかし同会は、議会の否決にかかわりなく、有権者の4分の1以上の署名が集まった時点で、自治基本条例に基づき、市長には住民投票実施の義務が生じていると主張している。
 中山市長は「(住民投票条例制定の請求は)地方自治法で出されたので、地方自治法で処理するのが適当」と強調。同会の住民投票条例制定請求は、自治基本条例が適用されるケースではないとの認識を改めて示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新石垣空港国際線旅客施設増改築工事の起工式が1日、同ターミナル内で開かれた。神事が厳かに執り行われ…
  2.  県は1日夜、石垣市で新型コロナウイルス感染者が新たに2人確認された、と発表した。いずれもクラスター…
  3.  11日告示、16日投票、翌日開票の竹富町長選で、再選を目指す現職、西大舛高旬氏(73)=自民推薦=…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る