得票1位で審査員賞 マインクラフト初の全国大会 浦添君(二中)ら5人

(左上)石垣チームが創造した「とある南の島~海の恵みと共に暮らす人々の伝統芸能とスポーツ~」の映像(YouTubeより)、「ピア・ボーディング Kazu賞」を受賞した(右から)崎原君、浦添一君、西里君、浦添昴君=26日夕、大濱信泉記念館

 石垣市の無料のプログラミング教室「CoderDojo Ishigaki(コーダー道場石垣)」に通う児童生徒5人のチームが23日、東京都の日本マイクロソフト本社で開催された「Minecraftカップ2019全国大会」(主催・同運営委員会)の最終審査会で審査員と大会参加チームによる相互評価(ピアボーティング)で得票1位を獲得し、審査員賞の1つ「ピア・ボーディング Kazu賞」を受賞した。
 「Minecraft(マインクラフト)」は仮想の3次元空間で立方体のブロックを組み合わせ、建物や街並みなどを自由に創造するゲーム。今回が初の全国大会で、テーマは「スポーツ施設のある僕・私の街」。3~30人のチームで共同制作し、3分間以内の作品紹介動画や工夫した点などの紹介文をもとに1次審査が行われた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナの影響で開催への動向が注目されていた「第56回石垣島まつり2020」が、11月8日に開催…
  2.  特定外来生物「ツルヒヨドリ」の拡散を早期に防除しようと、環境省石垣自然保護官事務所、石垣市、県立バ…
  3.  竹富町の西表島東部の町立交流センターの利用実績が振るわず、赤字運営が続いている。町教委は立て直しを…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る