特産品認定制度の活用を 石垣市 振興会、総会で計画承認

石垣市特産品振興会の総会が開かれた=26日午後、市商工会館

 石垣市特産品振興会(宮城龍二会長)の2018年度通常総会が26日、市商工会館で開かれ、今年度事業計画を承認した。特産品認定制度の活用や、認定シールの普及による地域ブランドの確立やシンポジウム開催などを盛り込んだ。
 宮城会長は「観光客の増加をチャンスととらえ、経営発展と地域活性化に取り組んでほしい。特産品認定シールをさらに拡大したい」とあいさつした。
 事業計画はこのほか①特産品地産地消運動、優先使用の推進②要請・陳情活動の推進③組織の充実強化、広告活動の推進―などを盛り込んだ。国際的な衛生管理基準HACCP(ハサップ)の義務化が来年に迫ってることから、事務局は「ハサップの周知、運用のセミナーを徹底的にやりたい」と述べた。
 振興会は2002年度から特産品認定制度を始め、認定された商品には認定シールの貼付を推奨している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)9月定例会の最終本会議が18日開かれ、尖閣諸島での上陸調査活動と施設整備…
  2.  石垣市議会は18日の最終本会議で、市当局が提案した農業委員19人の人事案件を無記名投票で採決し、5…
  3.  石垣市都市建設課は今月5日、伊原間の玉取崎展望台に観光で家族とともに訪れた3歳男児が擬木園路から誤…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る