「自分ごとで考えて」 玉城知事、国会議員団に訴え 基地問題

意見交換の冒頭、あいさつする玉城氏(写真右)=25日午前、県庁

 沖縄等米軍基地問題議員懇談会(会長・近藤昭一衆院議員)に所属する国会議員らは25日午前、県庁を訪問し、米軍の基地問題や陸上自衛隊の宮古島配備について、県幹部と意見交換した。玉城デニー知事は冒頭のみ出席し、基地問題について国民に「自分のこととしてとらえてほしい」と訴えた。
 基地問題を全国にアピールする「キャラバン」を札幌や仙台、福岡でも行うと説明。「要望があれば、来年度も続けて取り組みたい」と意欲を見せた。
 出席者は近藤氏のほか、会長代行の照屋寛徳氏(衆院・社民)、石橋通宏事務局長(参院・立民)、屋良朝博氏(衆院・国民)、高良鉄美氏(参院・無所属)ら。前日までに宮古島や辺野古、沖縄防衛局を訪問した。
 意見交換後、報道陣の取材に応じた近藤氏は、沖縄が抱える課題を全国的に共有できてないと指摘し「知事が全国をキャラバンし、県民を代表して訴えるのは重要だ」と強調。訪米にも意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第43回沖縄県高等学校総合文化祭郷土芸能部門・第30回沖縄県高等学校郷土芸能大会(主催・沖縄県高等…
  2.  石垣市の自治基本条例が岐路に立たされている。市民グループが同条例を根拠に、石垣島への陸上自衛隊配備…
  3.  「2019年秋季火災予防運動」が9日から全国一斉にスタートした。15日までの期間中、石垣市消防本部…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る