「自分ごとで考えて」 玉城知事、国会議員団に訴え 基地問題

意見交換の冒頭、あいさつする玉城氏(写真右)=25日午前、県庁

 沖縄等米軍基地問題議員懇談会(会長・近藤昭一衆院議員)に所属する国会議員らは25日午前、県庁を訪問し、米軍の基地問題や陸上自衛隊の宮古島配備について、県幹部と意見交換した。玉城デニー知事は冒頭のみ出席し、基地問題について国民に「自分のこととしてとらえてほしい」と訴えた。
 基地問題を全国にアピールする「キャラバン」を札幌や仙台、福岡でも行うと説明。「要望があれば、来年度も続けて取り組みたい」と意欲を見せた。
 出席者は近藤氏のほか、会長代行の照屋寛徳氏(衆院・社民)、石橋通宏事務局長(参院・立民)、屋良朝博氏(衆院・国民)、高良鉄美氏(参院・無所属)ら。前日までに宮古島や辺野古、沖縄防衛局を訪問した。
 意見交換後、報道陣の取材に応じた近藤氏は、沖縄が抱える課題を全国的に共有できてないと指摘し「知事が全国をキャラバンし、県民を代表して訴えるのは重要だ」と強調。訪米にも意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う~比嘉聰・大倉源次郎 人間国宝認定記念公演~」(主催・同実行委…
  2.  大学入試センター試験が18日、全国689会場で一斉に開始された。会場となった県立八重山高校での志願…
  3.  石垣市婦人連合会(石垣敦子会長)が18日午後、市新川出身で、女性初の関東沖縄IT協議会会長として活…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  赤嶺政賢衆院議員は7日、陸上自衛隊駐屯地建設に向けた用地造成工事が進む石垣市平得大俣地区を訪れ、フ…
ページ上部へ戻る