八重農ナインきょう出発 「いつも通りやるだけ」 県高校野球秋季大会決勝

キャッチボールをするエースの親里大翔投手(右)。バッティング練習をする大浜圭人主将(左)=3日、八重山農林高校グラウンド

 第69回県高校野球秋季大会(主催・県高野連)の決勝戦に進出する八重山農林高校野球部は4日夕、沖縄本島へ出発する。決勝戦は5日午後1時からコザしんきんスタジアムで沖縄尚学と対戦する。
 決勝戦を前に3日午後、テスト期間中もあり午後から投手と野手に分かれてバッティング、守備、実戦練習を交えて汗を流した。
 新里和久監督は「決勝戦ではあるがいつも通りの練習をこなし、いつも通り試合に臨む」と落ち着いた様子で話し、選手はいつも通りのはつらつとしたプレーと、時折笑顔を交えてリラックスした雰囲気で練習に取り組んだ。
 4日は沖縄本島に到着すると練習ができないため、出発前のわずかな時間を使って1時間から1時間半、実戦練習をしてから飛び立つという。決勝へ向け気合は十分だ。
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  玉城デニー知事は20日、新たに80代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと公表した。男性は同県豊…
  2.  沖縄の陸海空の自衛隊と自衛隊沖縄地方協力本部、県自衛隊家族会、沖縄県隊友会は19日午前、航空自衛隊…
  3.  米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で、県が辺野古沿岸の軟弱地盤改良に向けた防衛省の設計変更申請を認め…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  宜野湾高校で行われていたアーチェリー競技の第74回国民体育大会予選(主催・沖縄県アーチェリー協会)…
ページ上部へ戻る