石垣から重量級に2頭 あす開催、総勢2頭 多良間島ピンダアース大会 たるまつ号 戦闘はやぶさ号

石垣から第19回多良間島ピンダアース大会に出場する「たるまつ号」(右)と親里会長、「戦闘はやぶさ号」(左)と宮國会長=3日午後、石垣市平得

 多良間島のヤギ生産振興・観光振興を目的とした雄ヤギの決闘大会「第19回多良間島ピンダアース大会」(主催・多良間村観光協会)が5日、開催される。石垣島からは市山羊生産組合会(宮國文雄組合会長)所属の「たるまつ号」(80㌔)と「戦闘はやぶさ号」(95㌔)の2頭が、いずれも重量級に出場する。入場・観戦無料。
 出場するヤギは総勢26頭。軽量級(40~55㌔未満)8頭、中量級(55~70㌔未満)10頭、重量級(70㌔以上)8頭の3階級別にトーナメント戦が行われる。石垣から出場する2頭以外は全て多良間島から出場する。
 たるまつ号は多良間島生まれ。生後4カ月から石垣で育てられた。2年前に石垣島で初試合を経験している。
 飼養者で、多良間郷友会の親里春教会長(60、登野城)は「4年ぶりの里帰り。故郷の人にも喜んでもらえるはず。初試合の時はまだ若かったから、今回はまず1勝を」と話した。
 現在3歳半の戦闘はやぶさ号は白保で生まれ育った。初代「はやぶさ号」の名を受け継ぐ2代目で、今回が初の「闘ヤギ」となる。
 飼養者の宮國会長(72、白保)は「初代はやぶさ号は大会でも2回戦止まり。2代目は大きな体型を生かし、今度こそ優勝旗を持ち帰りたい」と話した。
 大会は午前10時半から多良間村多目的広場で開会。「ピンダ」は多良間村の方言で「ヤギ」、「アース」は「合わす」を意味する。
 試合時間は4分間で延長なし。戦意喪失などによる「一本勝ち」や3人の審判員による「優勢勝ち」で勝敗を決する。
 石垣島からの出場は第14回と第16回の2度あり、第14回の中量級で運天辰民さんの「与那原建設号」(57㌔)が準優勝している。
 大会当日はヤギ決闘のほか、ヤギとの触れ合いコーナーや抽選会、ピンダ○×クイズも行われ、屋台コーナーも設置される。
 問い合わせは℡79・2828(多良間村観光協会)。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  2020年度夏の交通安全県民運動として 石垣市交通安全推進協議会、八重山地区交通安全協会、八重山警…
  2.  八重山保護区保護司会の大工盛賢氏(73)=大浜=が春の叙勲で瑞宝双光章を受章したことを受け、法務省…
  3.  石垣市大川でTシャツ店を営む米盛佳織さんが熊本豪雨の被災者におむつなどの日用品を送るボランティア活…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島の星の祭典「南の島の星まつり2019」(主催・同実行委員会)で4日午後、世界初のブラックホー…
ページ上部へ戻る