人材開発へ官民一体 石垣市が新プロジェクト

人材開発プログラムに協力する代表者ら=6日、フサキビーチリゾートホテル

 石垣市はアイランダーサミット石垣開催を機に、人材開発へ官民一体となった「チェンジ・メーカー・デベロップメント・プログラム」に取り組む。
 市が統括し、民間企業と連携して石垣島からチェンジ・メーカー(その時代に最も求められている価値を提供する人)の創出を目指すもの。
 プログラムの内容は民間企業のオンライン講座をもとに、自然エネルギーなどの活用による課題解決型ワークショップの実施や、石垣島の学生をバリ島に派遣し、島特有の社会課題や先進的取り組み学んでもらう短期留学プログラムの実施を予定する。
 協力する民間企業は、石垣島を拠点にバイオディーゼル燃料の開発を行う株式会社ユーグレナ、太陽光、風力、小水力などの自然エネルギー発電に取り組む自然電力株式会社、石垣島とバリ島でホテルを構えるグローバルホテルカンパニーの株式会社クラブメッドの3社。
 3社独自のノウハウを生かし、オンライン講座への専門スタッフの提供や留学プログラムへの旅費支援、ホテル部屋の提供などを行う。
 石垣市は年度内に詳細を詰め、来年度から開始させたいとしている。今後はオンライン講座も充実させ、10代の学生も社会の一人のキーパーソンとして育成していきたい考え。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  3.  大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボード…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
ページ上部へ戻る