イワサキゼミ鳴く 石垣島 夏の終わり告げる

夏の終わりを告げるように物悲しい声で鳴くイワサキゼミ=10日午後、石垣市バンナ岳頂上

 夏の終わりから秋にかけて現われるイワサキゼミが石垣島各地で鳴いている。
 ツクツクボウシ属の体長4㌢前後の中型のセミで、石垣島と西表島に分布している。6~8月の夏に鳴くリュウキュウクマゼミの鳴き声と違い、
 イワサキゼミは「ジィー…ツクツク」と夏に別れを告げるように、もの悲しく鳴く。
 13日の明け方の気温は石垣市盛山で22.6度、登野城23.9度とほぼ平年並み。日中の気温も28~29度と各地とも30度を割り、日差しが夏から柔らかい秋の日差しへと変わりつつあるのが分かる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣バニラ(石垣市・金城美沙江代表)は21日午後、県庁で記者会見し、県内で初めて商品化に成功したバ…
  2.  琉球銀行(川上康頭取)は21日午後、那覇市内の若狭支店でタブレット端末を活用した新しい接客手法「F…
  3.  陸上自衛隊第15旅団(旅団長・中村裕亮陸将補)は20日、県の要請で8日から開始した豚コレラ(CSF…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
ページ上部へ戻る