泡盛カクテル、新発売 「愛さ」KANASA 総理大臣賞受賞

24日から販売される「愛さ(KANASA)」。県出身の版画家・名嘉睦稔氏の作品「カムロ花笠」をラベルに採用した=17日午前、県庁

 泡盛マイスター協会と石川酒造場、沖縄ファミリーマートは17日午前、共同で記者会見を開き、今年度の琉球泡盛カクテルチャレンジアジアカップで最高賞を獲得した作品を商品化すると発表した。
 大会で、内閣総理大臣賞を受賞した「Grateful Sunset」(原作者・平良恒人氏)のレシピを基に、同酒造場が製造。「愛さ(KANASA)」の商品名で、離島を含む県内のファミリーマートやリウボウストアなどで24日から販売する。内閣総理大臣賞を受賞した作品が商品化されるのは全国初。
 「愛さ(KANASA)」は、同酒造場の泡盛「島風」にパイナップルやシークァーサーなどの県産亜熱帯果実を加えたカクテル。月間3万本を売り上げ目標に設定する。達成後、沖縄ファミリーマートは国内外を含む販路拡大を検討する予定。
 監修は泡盛マイスター協会が担当。協会の設立から約15年の節目を迎え、女性層を中心に新規需要の開拓を目指し、商品化を提案した。気軽に持ち運べるようスクリューキャップアルミ缶ボトルを採用。県内の泡盛メーカーで唯一、専用の工場を持つ同酒造場に製造を依頼した。
 同酒造場は瞬間殺菌できる製造体制を持ち、仲松政治会長の意向で、設備を一部改装した。「沖縄の代表作にしたい。アルコール度数も5%なので、気軽に楽しんでほしい」とアピールした。県内産の果汁を入れることで、農家の収益向上にも寄与できると話した。
 販売価格は300円(税抜)。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は25日、1月の入域観光客数が72万7800人で、前年同月比で2万5700人(3.4%)減になっ…
  2.  世界を一周しながら、各国で海洋プラスチックごみ問題の解決を訴えている調査船「レース・フォー・ウォー…
  3.  竹富町役場は、新庁舎建設に伴う仮設庁舎への移転を完了し、25日、仮設庁舎の供用を開始した。午前9時…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県立八重山病院(篠﨑裕子院長)は4日、がんの放射線治療外来を初めて開設した。毎月第1火曜日の午後、…
ページ上部へ戻る