【視点】条例10年、活用で飲酒運転根絶を

 飲酒運転の犠牲者を一人でも減らそうと、2009年に県議会で制定されたのが県飲酒運転根絶条例だ。県民、事業者、飲食店営業者などに対して飲酒運転を根絶するための責務を定めている。関係者の熱意によって作り上げられた同条例は県民の財産であり、条例制定10年を機に、悲惨な事故を沖縄から追放するため、ぜひ活用していきたい。
 県内で2018年の飲酒運転検挙件数は2222件で全国最多となり、人口千人当たりでは全国平均の約7・8倍に達した。沖縄は依然として飲酒運転天国の様相を呈している。
 石垣市では1998年の元旦、飲酒後の高校生ら4人が事故で死亡。最近では2015年に酒気帯びの小学校教諭が死亡事故を起こした。いずれも社会に大きな衝撃を与えた。
 同条例では県民に対し、飲酒運転をしない、させない、許さない強い意志を持って飲酒運転を根絶する取り組みを進めるよう求めている。事業者に対しては従業員に対する指導、飲食店営業者や駐車場所有者に対しては客に対する呼び掛けなどを責務として定めている。
 公職にある者の率先垂範、飲酒運転の再発防止の措置、毎月1日を飲酒運転根絶運動の日とすることも規定している。
 県議会で同条例を議員提案したのは、石垣市区選出の辻野ヒロ子氏だった。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る