仲良くプレーし交流深める 障がい者スポレクで親睦

フライングディスクを輪の中に投げ入れる参加者=18日、石垣市中央運動公園屋内練習場

 2019年度障がい者スポーツレクレーション教室開催等事業の第4回フライングディスク大会(主催・石垣市社会福祉協議会)が18日午後、市中央運動公園屋内練習場で開催された。6事業所9チーム約50人が参加し、輪の中にフライングディスク(フリスビー)を正確なスロー、コントロールで投げ入れて多く輪を通せるかを争った。
 開会式で市社会福祉協議会の新崎和治会長は「仲良くプレーし友好を深めましょう」とあいさつした。
 5㍍離れた地点から1人が5投し、5人1組で競った。フォームを確認しながら慎重にスローし、仲間の応援も積極的に行われた。
 競技結果は次の通り。
 ▽優勝=大浜工房▽準優勝=サポートセンターむりぶし(A)▽3位=就労継続支援事業所まーる、就労継続支援事業所ラビット、しあわせさまさま(B)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…
  3.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者…
ページ上部へ戻る