「夏へ再起を」応援団期待 九州大会、八重農にエール

「集中!」「勝負は2アウトから!」と全力でエールを贈る応援団=20日午後、佐賀ブルースタジアム

 七回コールド負けを喫したものの、安打数は8本で、福岡第一の11本に打線で引けをとらなかった八重農。20日、佐賀ブルースタジアムのスタンドでは「集中!」「勝負は2アウトから!」と、保護者をはじめとする応援団が最後まで全力でエールを贈り続けた。

 試合終了後、大浜圭人主将の父・敦史さんは「いつもの八重農のペースではあったが、サインミスや集中力不足があり、リズムに乗り切れていなかった。試合では負けたが、内容では負けた気がしない」と振り返った。夏に向けて「今のままじゃ勝てない。反省点も見つかったと思う。体も大きくしていってほしい」と期待を込めた。
 宮良太海選手の父・長安さんは「こちらもずっと心臓がドキドキしていたが、選手たちも県大会と違って気迫が見られなかったように思う」と話した。
 上田忠幸選手の母・美幸さんは夏の甲子園を目指すにあたり「人数が少ないので1人欠けても大変。まずはけがのないようにして。体力・筋力をつけてほしい」と願った。
 八重農51期で野球部OBの村山善浩さん(40)=熊本県=は「自分が1年生の時の県大会でも感じたことと同じで、相手選手は体格が大きい。いまの八重農には長打を打てる選手はいるから、まずは体力作りを」、「八重農三三七拍子」で体を張って応援した37期の宮良永美さん(60)=石垣市=は「自分の独自性を生かして頑張って」と、それぞれエールを贈った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は3日、新型コロナウイルス感染拡大による観光客の激減が響き、2~5月の4カ月間で観光消費額が11…
  2.  県は2日午前、今年9月から開始する国勢調査の実施本部を、企画部統計課に設置した。国勢調査は5年に1…
  3.  沖縄県市長会(会長・島袋俊夫うるま市長)の2020年度第1回総会が3日、県市町村自治会館で開かれた…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る