八重山から大城璃央さん出場 技能五輪、県庁で結団式

結団式では、選手らが玉城知事(中央)の掛け声に合わせ、ガッツポーズを見せ、大会への意気込みを示した=21日午後、県庁

 県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県で11月中旬に開催され、県内からは53人の選手が出場。八重山からは、アビリンピックのパソコンデータ入力競技に大城璃央さん(19)=沖縄ダイケン八重山支店=が出場する。
 技能五輪は、青年技能者の技術向上と、技能に対する理解を広める目的で、アビリンピックは障害者の職業能力の向上と雇用促進を目的に、毎年、同会場で開催される。今回は沖縄県から、技能五輪14職種に39人、アビリンピック14種目に14人が、それぞれ参加する。2018年は沖縄県内で開催された。
 結団式では、玉城デニー知事から両大会の選手代表に県旗が授与された。玉城知事は「時代を担う若い人材が、技能を通じて社会に貢献する生き方を学んでほしい」とエールを送った。
 技能五輪選手代表の玉城仁千春さんは「技能の重要性をアピールできるよう一丸となり頑張ろう」と呼び掛けた。アビリンピック選手代表の赤平菜々美さんは「技能を生かし、優勝を勝ち取れるよう頑張ろう」と力を込めた。
 結団式後、大城さんは「ミスをなくし、時間内に早く正確に(パソコンのキーボードを)打てるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日、…
  2. 沖縄ツーリズム産業団体協議会の下地芳郎会長らは21日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち…
  3.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、石垣市が市有地に…
ページ上部へ戻る