建設ジュニアマスターに 紫電舎の幸地さん顕彰

他の受賞者や上原部長(写真中央)と並び、写真撮影をした幸地さん(同右端)=21日午後、県庁

 県は21日、後進の指導・育成に貢献した建設技能者と、今後の活躍が期待される青年技能者が国から顕彰されたと発表した。建設マスターとして6人が選ばれたほか「青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰」(通称・建設ジュニアマスター)として石垣市の幸地真紀さん(41)=紫電舎=が顕彰された。
 幸地さんは電気工としての技能・技術の高さが認められた。
 幸地さんは「さらなる技術の向上と若手の育成に尽力したい」と抱負を述べた。「会社やお世話になった方々のおかげで受賞できた」振り返った。土木建築部の上原国定部長は「建設業界の人材育成と技術の継承が大事だ。後進の指導と育成もお願いする」と求めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」―、菅義偉官房長官は7月、新型コロナウイル…
  2.  任期満了に伴う竹富町長選が11日に告示される。再選を目指して立候補表明した現職西大舛髙旬氏(72)…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  戦中戦後の激動期、常に渦中の人だった昭和天皇の苦悩がうかがえる貴重な内容だ。初代宮内庁長官を務めた…
ページ上部へ戻る