【金波銀波】八重山農林高校が高校野球の…

 八重山農林高校が高校野球の九州大会に出場し、八重山住民は春の甲子園出場の期待に沸いた。残念ながら初戦敗退というほろ苦い結果に終わり、離島から甲子園の遠さを思い知ったが、2006年の甲子園に春夏連続出場を成し遂げた八重山商工の「すごさ」も改めて感じた◆当時は同校への官民挙げての支援、選手層の厚さ、経験豊かな指導者など、勝負に必要とされる「天の時、地の利、人の和」が奇跡的にそろった。当時に比べると、個々の選手の能力は高いとはいえ、八重農は必ずしも好条件に恵まれているわけではない。九州大会での苦戦はある程度予想されていたことだ◆とはいえ、大舞台を経験した選手たちは、一回り成長したはず。来夏の県大会に向け、八重農が大きなアドバンテージを獲得したことは間違いない◆甲子園で県勢は興南が2010年に春夏連覇を果たしたが、以降、なかなか上位に進出できずにいる。春の甲子園に至っては、ここ数年出場すらなく、今回の九州大会で沖縄尚学が4強入りできなかったため、来春も出場の可能性は低い◆久しぶりに甲子園で旋風を起こす沖縄球児を見たい県民は多い。それが小さな離島の高校であれば、感動は全国に広がるだろう。来夏の甲子園へ、八重山3高校の奮闘に期待したい。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る