534万人で過去最高 上半期入域観光客 韓国減

会見する玉城知事=25日午後、県庁

 県は25日、上半期の入域観光客数が534万8600人となり、対前年同期比で15万1300人増加(2・9%増)となり、過去最高を更新したと発表した。
 行政と民間が一体となった誘客事業や、国内航空路線の拡充、昨年の麻しん発生の反動などにより、7月まで対前年同月を上回ったと分析した。ただ、8月以降、韓国市場の減速が顕在化しているとも指摘。国内観光客は、景気回復や航空路線の拡充などで前年を上回り372万7100人(対前年比21万9300人、6・3%増)になった。外国人観光客は、クルーズ船寄港回数の減少などで前年を下回り、162万1500人(対前年比6万8000人、4・0%減)となった。
 外国人観光客が減少した原因について、県は韓国の訪日旅行自粛の影響を懸念する。
 9月の韓国からの旅行客数が、約6年ぶりに1万人以下の8400人(対前年同月比3万1800人、79・1%減)となり、10月以降も影響が続くとしている。また、韓国市場は渡航先が多様化。中国やベトナムを訪れる旅行者が増え、沖縄への旅行客数が大幅に減少した。
 県は、玉城デニー知事の訪韓による誘客事業なども調整する予定で、トップセールスで沖縄への旅行をPRする。
 香港は航空路線の拡充やクルーズ船の寄港回数の増加で好調に推移する見込み。台湾や中国本土は、国慶節による連休で旅行需要が高まると予想される。中華市場は好調、堅調に推移すると、県は分析している。
 県は、今年度の1年間入域観光客目標1030万人について、他国の影響が懸念されるとしつつ、下半期が前年並みで推移すれば、達成できるとしている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省沖縄奄美自然環境事務所(東岡礼治所長)は23日午後、新たな試みとなる「侵略的外来種に関する簡…
  2.  沖縄総合事務局は23日、2019年の国内港へのクルーズ船寄港数の速報値を発表した。那覇港が260回…
  3.  県は世界自然遺産登録候補地、西表島の入域観光客数の上限となる基準値を、2009年~18年までの10…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」が30日午後、石垣…
ページ上部へ戻る