基地返還「沖縄の転換期に」 衛藤沖縄相、負担軽減強調

会見する衛藤氏=27日午後、県立博物館・美術館

 26日から2日間の日程で沖縄本島を訪問した衛藤晟一沖縄担当相は27日午後、那覇市内で報道陣の取材に応じた。「(北部訓練場の過半)約4000㌶と、嘉手納以南の500から1000㌶が返還される。沖縄の大きな転換期になる」と強調。沖縄の基地負担軽減は進んでいるとアピールした。
 就任後、3回目となった今回の訪問で、本島北部を視察。各市町村長と面談し、各振興策の進ちょく状況を確認した。
 本島北部の市町村長との面談には、名護市の渡具知武豊市長も参加。米軍普天間飛行場の辺野古移設については議論にならず、地域振興策が話題になったという。
 恩納村の沖縄科学技術大学院大学(OIST)や、うるま市の沖縄ライフサイエンス研究センター、名護市の金融・IT産業等集積基盤等整備事業などを視察した。米軍の北部訓練場返還跡地も訪れ、周辺地域の世界自然遺産登録に期待を込めた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  少年時代の戦争体験を自筆の絵などで紹介した著書「絵が語る八重山の戦争」を出版した石垣市の潮平正道さ…
  2.  県は21日、石垣市で、かりゆし病院の入院患者1人、職員2人、関連施設の介護老人保健施設「聖紫花の杜…
  3.  県は21日、新型コロナウイルスに感染して県立八重山病院に入院した陽性者が21人になり、県の病床確保…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  埼玉県越谷市で旅行中、建物火災で取り残された少女をたまたま見つけ、自らの危険をかえりみず救出した那…
ページ上部へ戻る