初代監督に清水直行氏 琉球ブルーオーシャンズ

会見後、握手しチームの飛躍を誓った清水氏(左)と比屋根氏=29日午後、県庁

 沖縄初のプロ野球球団・琉球ブルーオーシャンズ(小林太志社長)は29日午後、県庁で記者会見し、初代監督に日本プロ野球(NPB)の千葉ロッテマリーンズや横浜DeNAベイスターズで活躍した元投手の清水直行氏が就任すると発表した。また、ヤクルトスワローズで活躍した比屋根渉氏(沖縄県出身)も選手として入団することも明らかにした。
 清水氏は2000年から09年までロッテのエースとして活躍、横浜でも二桁勝利を挙げた。14年にニュージーランドの野球代表コーチに就任。17年から古巣ロッテの投手コーチを務めていた。
 監督就任について清水氏は、野球振興に寄与できると強調し「チャンスでしかない。チャレンジできる」と述べ、チーム作りについては「攻撃的なチームを作りたい」と意欲を見せた。
 琉球ブルーオーシャンズは、5年以内のNPB入りを目標に掲げる。清水氏は「参入した時に勝てるチームを目指す。本拠地は沖縄なので、(県民に入団の)チャンスが身近にある。挑戦してほしい」と話し、プロ入りのチャンスを広げたいと強調した。
 比屋根氏は沖縄尚学高校から城西大学に進学した。「(NPBの)7年間の経験を後輩に伝えたい。球団を盛り上げ、沖縄に恩返ししたい」と話し、選手第一号として、チームの支柱になると意気込んだ。
 琉球ブルーオーシャンズは、入団選手の選考を行うトライアウトを11月に開催する。
 会見に同席した小林氏は「一次で130人程度が合格した。沖縄県民が半分以上だ。元プロ選手はトライアウトに参加しない」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は8日、石垣市在住の50代女性1人と中部保健所管内の40代男性1人が新たに新型コロナウィルスに感…
  2.  石垣市で5人目の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受け、中山義隆市長は8日夜、市役所で記者…
  3.  石垣市観光交流協会の会長人事には意表を突かれた。「きっと地元観光業の会社社長の誰かが引き継ぐのだろ…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…
ページ上部へ戻る