【視点】なぜ防げぬ 貴重動物の事故死

 2日に石垣島でカンムリワシ、3日に西表島でイリオモテヤマネコが相次いで交通事故死した。いずれも国の特別天然記念物だ。豊かな生態系は八重山のかけがえのない財産なのに、貴重な動物の事故死は後を絶たない。
 石垣島、西表島は国立公園に指定され、西表島は世界自然遺産登録を目指している。ヤマネコは竹富町、カンムリワシは石垣市のシンボルとして住民に愛されている動物でもある。官民一体となった保全運動が求められている中で、情けない現状と言わざるを得ない。
 ヤマネコの事故死は今年3件目で、前回の死亡事故は4日前の10月30日に発生したばかりだった。
 ここ数年のヤマネコの交通事故を見ると、2016年7件、17年3件、18年9件。今年は例年に比べると少ないようだが、発生した3件すべてが死亡事故となっている。
 記録が残っている1978年以降では91件の交通事故が起き、うち死亡件数は84件に達している。
 石垣島で事故死したカンムリワシは15年に名蔵で衰弱しているところをいったん保護され、体調回復後に放鳥された。16年から17年にかけて屋良部半島で姿が目撃されていたが、今回、輪禍の犠牲になってしまった。
 今年に入り、石垣島でのカンムリワシの交通事故は7件目、うち死亡は5件目。ここ数年の死亡事故数は16年5件、17年7件、18年8件と、こちらも常態化している。
 環境省などの関係機関は目撃多発地点のマップを作成したり、チラシ配布や看板設置で注意喚起を図っている。だが本来、事故はゼロでなくてはならない。石垣島でも西表島でも、毎年のように事故が発生している現状は異常である。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナ感染拡大を受けて出荷が大幅に滞るなど影響を受けていた竹富島特産品のクルマエビだが、需要が…
  2.  菅義偉首相の支持率が内閣発足直後、報道各社の調査で軒並み60%を超えた。秋田県の庶民出身、ごく普通…
  3.  沖縄本島在住の八重山高校卒業生で構成する沖縄尚志会(東川平靖会長)は25日午後、同校へ20万円を寄…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る