再建へ初の知事直轄チーム 部局横断、県民会議も設置 首里城

記者会見する玉城知事=7日正午過ぎ、県庁

 首里城の焼失から一週間となる7日、玉城デニー知事が県庁で記者会見し、部局を横断して対応する知事直轄チーム「首里城復興戦略チーム」を庁内に設置すると発表した。関係課長らで構成する「首里城復旧ワーキンググループ」も新設する。国と連携してロードマップを策定し、復旧復興作業を進める意向。国と対等な立場で作業を進めるため、新組織の編成を急ぐ。部局を横断した知事直轄組織の設置は初めてという。
 「首里城復興戦略チーム」には3、4人の職員を配置し、復旧復興のためのロードマップの策定や、国との協力関係の構築、復興コンセプトを含めた計画策定、寄付・募金などに対応する。
 戦後の復旧復興作業では県民会議が設置された。今回も県民の思いを結集させるため、首里城復旧・復興県民会議(仮称)を設置する予定で、戦略チームが窓口担当となる。
 「首里城復旧ワーキンググループ」には、復旧復興作業に個別具体的に対応するため8~9班を配置し、部局を横断して対応する。戦略チームと連携し、火災の検証や分析、施設管理の方法など、個別具体的な課題も整理する。
 県は、国と対等な立場である「カウンターパート」として、復旧復興作業を進めたい考え。玉城知事は会見で「戦略チームでロードマップを策定し、早めに国のカウンターパートとして動ける体制にしておく」と強調。国と県のどちらがロードマップ策定を主導するかとの問いに謝花喜一郎副知事は「ロードマップのあり方も国と協議する」と説明。文化財の修復や、世界に離散した文化財の確保は県が取り組むべきとした。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る