人材不足問題など訴え 各界代表、八重山の課題共有

懇談会で意見を出し合う参加者ら=8日午前、南の美ら花ホテルミヤヒラ2階梯梧の間

 沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)が8日午前、八重山地域での産業・地域経済の動向や公庫に対する各業界のニーズを把握し、相互理解を深めようと、「沖縄公庫・八重山経済チバリヨー懇談会」を市内ホテルで開催した。観光、建設、商工会などの代表者ら9人が出席し、各業界における八重山地域での課題や対応策などを共有し、川上理事長らと意見交換した。
 八重山観光フェリー㈱の大松宏昭代表取締役社長は船の大型化に伴う船員などの専門人材不足を挙げ、「地元の高卒者を広範囲に採用するが一人前にするまでに少なくとも3~4年はかかる。教育システム構築に力を借りられれば」と話した。
 クルーズ船の現状については「(観光客増での)地元のストレスは上がるが、日帰りの人が多いため消費単価が上がらない」と指摘。「飛行機で来島する観光客増加にも力を入れる必要がある」と訴えた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県八重山保健所は27日、石垣市在住の70代女性と30代男性が新型コロナウイルスの陽性反応を示したと…
  2.  石垣市は、新型コロナウイルスの影響を受けた小規模事業者などが沖縄振興開発金融公庫が行う「小規模事業…
  3.  石垣市は県獣医師会の協力の下、27日から約2週間、犬の狂犬病予防集合注射を開始した。狂犬病予防法で…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る