児童虐待防止条例制定を 万国津梁会議が意見書

意見書を手渡した比嘉氏(左)と受ける玉城知事=8日午後、県庁

 児童虐待に関する万国津梁会議(委員長・比嘉昌哉沖国大教授)は8日午後、県庁に玉城デニー知事を訪ね、2回の会議で取りまとめた意見書を手渡した。意見は8つの項目で、数値目標を伴った施策展開や児童虐待防止条例の制定を強く求めた。
 沖縄では子どもを取り巻く環境が変化し、貧困や家庭内暴力(DV)などの問題が深刻さを増している。
 意見書では「子どもの権利」「子どもの声のくみ上げ」「虐待の背景」「子どもの安全確保」「子どもと保護者の支援」「体罰の禁止、制度の整備」など計8項目を設け、虐待防止に向けた方策を提言。
 比嘉委員長は「成果を実効性のある取り組みにつなげてほしい。児童虐待防止条例に反映させ、子どもや保護者を支援する体制づくりを求める」と要請した。
 玉城知事は「貴重な意見を頂いた」と述べ、条例制定に意欲を見せた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣中学校第14期生による「石中14期 73歳生年祝賀会」(同実行委員会)が17日夕、市内ホテルで…
  2.  石垣市と姉妹都市を結ぶ台湾宜蘭縣蘇澳鎮(すおうちん)との交換留学を行う「2019年度石垣市小学生・…
  3.  タイム計測と順位をつけない第3回西表島Happy77トライアスロン2019(主催・西表島スポーツプ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  在日の華僑が中心になり、石垣島で建立計画が進んでいる「媽祖(まそ)廟(びょう)」を巡り、地元で設立…
ページ上部へ戻る