義烈空挺隊「顕彰を」 奥本氏が講演、県出身兵も

講演した奥本氏。義烈空挺隊を正しく評価し、沖縄を含めた日本を守った歴史を後世に伝えたいと意欲を見せた=9日午後、護国神社

 「空の神兵」顕彰会の奥本康大会長は9日午後、護国神社で講演した。沖縄戦で、米軍に占領された読谷飛行場を奇襲した日本陸軍の義烈空挺隊について説明し「国のため、家族のために命を賭して戦った英雄の志を語り継ぐのが、真の慰霊と顕彰だ」と訴えた。
 読谷飛行場は、現在の読谷村役場と読谷中学校がある場所にあった。義烈空挺隊は同飛行場に輸送機を強行着陸させて米軍と戦闘状態に入り、大きな損害を与えた。同隊には沖縄県出身の隊員もいたという。
 戦後、有志の手で慰霊碑が建立されたが、村役場や中学校の建設などの影響で移設された。
 奥本氏は正しく歴史を次世代に伝えるべきだとして、政治的思惑で建てられた案内板などが移設後の慰霊碑の周辺には多いと問題視。「働きかけて、是正したい」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 26日に開催された2020年度「防風林の日」関連行事の第2部では、宮良地区で国・県の特定地域経営支援…
  2. 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)=岩手県奥州市=を拠点とするVERA(ベラ)プロジェクト…
  3. 2020年いっぱいで解散する、石垣島で生まれ育った幼なじみの女性ユニット「やなわらばー」が23日、東…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
ページ上部へ戻る