「テットメ」八重山初の入賞 バリアフリーの旅行を提案

表彰状を手にする上谷代表(上谷代表提供)

 10月に大阪で開かれた日本最大の総合観光イベント「ツーリズムEXPOジャパン2019」(主催・公益社団法人日本観光振興協会など)の「第5回ジャパン・ツーリズム・アワード」で、障害者などの現地添乗看護サービス事業を行う「㈱ケアアテンドTettoMe(テットメ)」(登野城、上谷綾子代表取締役)が国内・訪日領域ビジネス部門で入賞した。上谷代表によると八重山からは初の入賞。
 「ジャパン・ツーリズム・アワード」は、観光の発展と拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」との相乗効果に寄与した国内外の団体・組織・企業の持続可能な優れた取り組みを表彰するもの。
 上谷代表は、高齢者や障害者が八重山旅行を楽しめるプラン「バリアフリーでかなえる南の島での特別な日」を提案。水陸両用の車イスバギーで「幻の島」と言われる浜島などに上陸し、ウェディングやプロポーズをサポートする企画などが評価された。
 表彰を受け「高齢者や障害者はふだんからサポートが必要なため、旅行自体をあきらめてしまいがち。ぜひ商品化し、八重山のバリアフリー化を進めたい」と意気込んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る