国史跡に白保竿根田原遺跡 2万7千年前の人骨出土

㊧国指定の史跡に指定される白保竿根田原遺跡㊨白保竿根田原遺跡から出土した約2万7千年前とされる人骨(以上、県教育庁提供)

 国の文化審議会(佐藤信会長)が15日開かれ、約2万7千年前と推定される人骨が出土した「白保竿根田原(さおねたばる)洞穴遺跡」(石垣市)の史跡指定を萩生田光一文部科学相に答申した。旧石器時代に相当する更新世の人骨が国内で初めて出土した最古の墓葬・墓域で「人間の歴史を長期にわたってたどることができる遺跡として貴重」と評価された。国の史跡指定は県内では42番目、石垣市では4件目となる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの警戒レベルを、最高の「感染蔓延(まんえん)期」に引き上…
  2.  県八重山保健所は14日、西表島(竹富町)の40代の会社員男性と石垣市の60代の会社役員男性が新型コ…
  3.  八重山高校野球部の初の県大会優勝を受け、各銀行八重山支店では社屋から記念の懸垂幕を掲げて祝福ムード…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  那覇市や那覇警察署は9日夕、2019年夏の交通安全県民運動開始式を市内の複合施設で開き、県内初とな…
ページ上部へ戻る