飲み明かし語り明かす 石中14期生が73歳祝賀会 「スクラムを組んで心新たに」

池城実行委員長の掛け声で万歳三唱をする14期生ら=17日夕、アートホテル石垣島「八重山の間」

 石垣中学校第14期生による「石中14期 73歳生年祝賀会」(同実行委員会)が17日夕、市内ホテルで開かれ、同期約200人が集まり、仲間の余興や歓談を楽しみながら、旧交を温めた。池城孝実行委員長は招待した恩師に「先生方はこれからもご壮健でご活躍を」と祈念し、「同期生の集まりは言語に絶する喜び。思う存分飲み明かし、語り明かそう」と声を挙げた。

 前石垣市長の大濵長照氏は「横とつながり、健康に気をつけて長生きし、次も元気な顔を見せあおう」と呼び掛けた。
 「祝賀アピール」として、「お互いの絆を大切に健康長寿を保ち、生涯現役の気概をもって、共に手を携え、スクラムを組んで心新たに頑張っていく」と誓い合った。
 ステージでは実行委員による「鷲ぬ鳥節」、校歌をBGMに写真で当時を振り返る「思い出のアルバム・あの日あの時」、沖縄本島、関東在住者による合唱やフォークダンスなどの余興、石中14期会の玻名城哲夫会長による空手演舞などが披露された。
 同校14期は15学級、673人(男314人、女359人)が在籍。会場外には1962年、3学年当時に写真クラブメンバーが撮影した運動会(体育祭)の写真などが展示された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)は臨時会2日目の13日、市が新型コロナウイルスの経済対策として提案したプ…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…
  3.  玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県独自の緊急事態宣言の期限を当初の15…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  内閣府は11日、2019年度の沖縄子どもの貧困緊急対策事業として12億8960万円を交付すると発表…
ページ上部へ戻る