金城パワーリフティングV デッドリフト記録がけん引 県民体育大会

デッドリフトで280㌔に挑む金城盛春(50)=17日、県立武道館トレーニング室

 第71回沖縄県民体育大会・パワーリフティング競技が17日、那覇市の県立武道館で開催され、八重山から個人で出場したラインズフィットクラブの金城盛春(50)が、83㌔級マスターズ2でスクワット、ベンチプレス、デッドリフトの計3種で615㌔の記録で優勝した。
 公式記録にはならなかったが、マスターズ2のデッドリフト記録の250㌔を上回る280㌔を叩き出し、得点をけん引した。スクワットは180㌔、ベンチプレスは155㌔だった。
 金城は「1カ月前にトレーニング中に右ひざと大胸筋をけがしての出場だった。年齢が年齢だけに予測できないけがが増えてきているので、無理しない範囲で記録を狙いたかった」と振り返り、3月に愛知県岡崎市で開催される全国大会の第24回ジャパンクラシックパワーリフティング選手権大会に向け「緊張していないつもりでも体がこわばる可能性がある。気持ちと身体のコントロールのバランスを保ち、狙うは優勝」と力強く話した。
 同大会で頑張る八重山郡から出場した他競技の選手に向けても「頑張ってほしい」とエールを送った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る