【視点】最長政権、改憲の道筋見えぬまま

 安倍晋三首相の通算在職日数が20日、憲政史上最長となった。集団的自衛権の行使容認と安全保障関連法の成立、日米、日中関係の安定化など、内政や外交に手腕を発揮してきたが、任期が残り2年と迫る中、首相の悲願である憲法改正の道筋はいまだに見えない。
 安倍首相は憲法に自衛隊を明記する改正を2020年に施行したい方針を示していたが、野党には反対論が根強く、与党の公明党も慎重姿勢を崩していない。
 首相としては、いかに史上最長政権を実現したとはいえ、このまま任期満了を迎えては、画竜点睛(がりょうてんせい)を欠く思いではないか。
 戦後の歴代内閣の中でも、とりわけ安倍首相は改憲の実現に熱意を燃やしてきた。戦後70年以上も未着手だった宿題に手をつけたのだから、話がスムーズに進むわけはないが、それにしても改憲の気運に盛り上がりが感じられない。
 「ポスト安倍」の有力候補とされる政治家たちの顔ぶれを見ても、改憲を大きな政治課題として推し進めようとする意欲は、さほど伝わってこない。安倍首相の任期中に改憲できなければ、憲法論議は振り出しに戻りかねないのではないか。
 厳しい現実に対し、改憲に対する国民の意識が追いついていない一方で、安倍首相も含め、旗振り役になるべき政治家の側も、アピール力に不足があることは否めない。
 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、最長政権となった感想を問われ「やるべきことを明確に掲げ、政治主導で政策に取り組んできた。一貫して取り組んできたのが経済最優先だ。実際に経済状況は大幅に改善しており、こうしたことが大きいと思う」と述べた。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害や器物損壊などの罪に…
ページ上部へ戻る