なごみの塔修繕工事始まる 国文化財で竹富島のシンボル

なごみの塔の保存修繕工事が始まり赤山公園への立ち入りが禁止された=竹富島西集落

 竹富島のシンボルとして親しまれている国指定登録有形文化財の「なごみの塔」の修繕工事がこのほど始まり、同塔がある赤山公園には柵が設置され、立ち入りができなくなっている。
 同塔は高さ約4・5㍍の鉄筋コンクリート造り。1953年建立。集落の中心に位置するため赤瓦の町並みを見渡すことができ、観光客にも人気が高かったが、2016年9月より老朽化のため閉鎖され、利用ができなくなっていた。
 同塔は文化財のため建て替えができず、補修での対応。工期は10月から2019年度末だが、改修後も不特定多数の利用が制限される予定。島民からは「眺望が素晴らしいので、修繕後はなんとか自由に昇降できるようにならないか」との声が聞かれるが、一方で「高所から見下ろすのは島民目線ではない。今後は機織りや民具作りなど伝統文化と共に生きる島民の目線をアピールしては」との声もあった。(隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが減少した地元店舗を支援しようと、石垣市は11日、全市民を対象に、島内…
  2.  石垣市教育委員会は11日、2021年度から4年間使用する中学校教科書を採択した。公民は育鵬社版が選…
  3.  石垣市は11日、経済5団体の代表者らを市役所に招き、新型コロナウイルスの影響に関して意見交換した。…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  リゾテックおきなわ国際IT見本市実行委員会(稲垣純一委員長)は9日、県市町村自治会館で、同事業構想…
ページ上部へ戻る