毛髪失った子ども支援 美容業組合「ウィッグに」と贈呈

前里和江さん(右から4番目)、ライオンズクラブの砂川一晃第一副会長、国府方せい子さん(左から2番目)ら関係者=25日午後、ライオンズクラブ事務所

 小児がんの治療などで髪を失った子どもたちのウィッグ(かつら)として利用してもらう「ヘアードネーション」の取り組みとして、県美容業生活衛生同業組合八重山支部(糸数宏美支部長)は25日午後、八重山ライオンズクラブ(東郷清龍会長)に髪の毛80束を贈呈した。
 ライオンズクラブの前里和江さんは「八重山支部の全39店舗でヘアードネーションができるよう呼びかける。ぜひ美容室で『ヘアードネーションお願いします』と言ってもらえたらいい。髪の毛が16㌢以上あれば男性でも寄付できるので、高校を卒業する郷土芸能部員にも協力してもらえたらうれしい」と話した。
 昨年の新聞報道を見て、個人で寄贈を思い立ったという国府方せい子さんは、八重山高校を卒業する郷土芸能部所属の娘・花梨さんの髪の毛を持参し「役に立てばいいねと家族で話をした」と笑顔を見せた。
 協力したのは次の美容室。▽ヘアースタジオ「エイト」▽アトリエM▽エクセル美容室▽サロン・ド・キミコ▽サロンド・ローズ

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部は13日夕、石垣市役所を訪れ、中山義隆市長らに県高校野球夏季大会の優勝報告を行った…
  2.  石垣市議会(平良秀之議長)は臨時会2日目の13日、市が新型コロナウイルスの経済対策として提案したプ…
  3.  西表島(竹富町)のバーベキュー(BBQ)会場で起きた新型コロナウイルス集団感染で、県八重山保健所は…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…
ページ上部へ戻る