新製糖工場の早期建設を 総事業費260億「声上げて」 政府支援訴え総決起大会

新石垣島製糖工場早期建設総決起大会でガンバロー三唱し、気勢を上げる参加者=27日午後、大浜公民館

 新石垣島製糖工場早期建設総決起大会(主催・市さとうきび生産組合、JAおきなわ八重山地区本部)が27日、大浜公民館で開かれた。農家など約300人が参加し、新工場建設に向けて政府の支援を求める決議を採択した。決議を受け、JAなど関係機関は来月19日、沖縄総合事務局や県などに要請行動を展開する。
 関係機関は年明け以降、決議文を携えて上京し、政府に直接要請することも検討する。
 石垣島製糖の現工場は1961年に建設され、築58年が経過して老朽化が進行。1日1000トンとされる処理能力も、実際には1日平均圧搾(あっさく)量が700トンを下回り、操業長期化の一因となっている。同社は新工場建設の総事業費を約260億円と見積もっており、建設には政府の支援が不可欠とされる。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山高校野球部(内間敬太郎主将)は3日、県高校野球夏季大会の優勝から一夜明け、深紅の優勝旗を先頭…
  2.  石垣市で7月から新型コロナウイルスの感染者が急増したため、県立八重山病院の感染症用病床9床が2日、…
  3.  高校野球の2020年夏季大会は2日の決勝で、八重山高校がKBC学園未来沖縄を4―2で破り、初優勝を…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  文化庁は20日、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の…
ページ上部へ戻る