「命草文化は竹富島の魅力」 児童ら招き収穫やランチ

6月に植え付けた命草を収穫して喜ぶ児童生徒たち=24日、星のや

 竹富島のリゾートホテル「星のや竹富島」(本多薫総支配人)は24日、「命草のおかげで私たちがいる」をテーマにイベントを開催し、竹富小中学生の児童生徒19人が参加した。6月に施設内の畑に植え付けたクミスクチン、ニガナ、クワン草、ヨモギ、ハンダマなどの命草を収穫し、命草ランチも楽しんだ。
 同ホテルは地域貢献活動の一環として、2017年から島民と一緒に島特有の作物を育てる「畑プロジェクト」を開始し、19年からは命草を育てている。竹富島で採れる野菜・野草の多くは薬になるといわれているが、近年は命草について知る人も少ない。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…
  2. 2021年度新川字会(金城文雄会長)の通常総会が17日午後、新川自治公民館で開かれ、新・旧役員のみが…
  3. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画を巡り、中山義隆市長は24日の市議会一般質問で、地対艦誘導弾の弾薬庫に…
ページ上部へ戻る