新城さん(那覇市)が優勝 豊見城でデンサ節大会

優勝を決めたあと、歌う新城さん=11月30日、豊見城市立中央公民館

 第五回八重山デンサ節大会(主催・八重農沖縄みずほ会実行委員会)が11月30日夜、豊見城市で開催され、新城まやさん(18)=那覇市=が優勝した。新庄さんは祖父が作詞したデンサ節を感情豊かに歌い上げ、来年竹富町で開催されるデンサ節大会への出場も決めた。
 デンサ節は、西表島上原の発祥とされる八重山を代表とする教訓歌。新城さんはデンサ節をたたえ、島言葉で歌い継ぐ喜びを歌った。大会後、「感情は複雑で言葉にできない。100%の力を出して歌えなかったが、優勝はうれしい」と話した。「夢は石垣のトゥバラーマ大会での優勝」と意気込んだ。
 大会には最高齢85歳、最年少8歳の計24人が参加。国内だけでなく、アメリカやブラジルなど、国外からの参加者もいた。
 大会では、浜元ひろみ舞踊研究所や八重山古典民謡保存会、八重山農林高校郷土芸能部と卒業生らが伝統芸能を披露。前回優勝者や審査委員も歌声を響かせた。
 八重農郷土芸能部は、第43回全国高校総合文化祭の郷土芸能部門で文化庁長官賞を受賞。主催した八重農沖縄みずほ会は、本島在住者らで構成する同窓団体。入賞者は次の皆さん。▽準優勝・山城美帆(那覇市)▽3位・我如古誉幸(宜野湾市)▽審査委員特別賞・吉川忠男(浦添市)▽特別賞・金城ルッカス秀樹(ブラジル)、ゲスリソグ・マイヤ(アメリカ)▽奨励賞・比嘉愛未(南風原町)、末吉小春(南風原町)、冝間泰昭(竹富町)、山本千加子(大阪府)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「118番の日」にちなみ石垣海上保安部(増田克樹部長)は18日午後、FMいしがきサンサンラジオに出…
  2.  離島ならではの旅情が人気の竹富町内の小規模な民宿や旅館が、コロナ禍で厳しい現実に直面している。臨時…
  3. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る