「切磋琢磨、連携を」 白保中創立70周年 300人が記念式典

期成会役員と生徒らがともに鷲ぬ鳥節を披露した=8日午後、白保中学校体育館

 石垣市立白保中学校創立70周年記念式典・祝賀会(主催・同校創70周年記念事業期成会)が8日午後、同校体育館で開かれ、在学生や保護者、卒業生、教育関係者ら約300人が出席した。﨑山晃校長は「本校が社会に送り出した卒業生は2658人を数える。学校、家庭、地域が連携して『切磋琢磨』の精神を合い言葉に、生きる力を育み、郷土愛に燃え、世界に羽ばたく人材育成に教職員一丸となって教育活動を充実させていきたい」と決意を新たにした。
 世持豊期成会長は「整えられた環境が多くの方の支援・協力によりできたことを感謝し、互いに切磋琢磨し夢に向かいここ、ザーバルの地を巣立って行くことを期待する」と式辞を述べた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  玉城デニー知事は13日、新型コロナウイルスの警戒レベルを、最高の「感染蔓延(まんえん)期」に引き上…
  2.  県八重山保健所は14日、西表島(竹富町)の40代の会社員男性と石垣市の60代の会社役員男性が新型コ…
  3.  八重山高校野球部の初の県大会優勝を受け、各銀行八重山支店では社屋から記念の懸垂幕を掲げて祝福ムード…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る