カテゴリー:一般

  • 半嶺元市長が死去 石垣市政発展に貢献

     元石垣市長の半嶺當泰(はんみね・とうたい)氏が14日午前5時19分、中部徳洲会病院で老衰のため死去した。89歳。1990年から市長を1期務め、市政発展に貢献した。告別式は17日午前11時から正午まで、ゆいホール(石垣市…
  • 米兵3人の冥福祈る 石垣島事件で慰霊祭

     太平洋戦争末期、石垣島に不時着した連合軍の米兵3人を旧日本海軍警備隊が殺害した、いわゆる石垣島事件で亡くなった3人の慰霊祭が殺害された日である4月15日、唐人墓隣の米軍飛行士慰霊碑前でしめやかに執り行われた。中山義隆市…
  • 「大変深い悲しみ」 玉城知事、13日北谷殺人受け

     13日に北谷町のアパートで米海兵隊所属の男性海軍兵(32)と日本人女性(44)の遺体が見つかった事件について、玉城デニー知事は14日、在日米軍沖縄地域調整官のエリック・スミス中将から13日に電話があり、「男性と女性が交…
  • 訪日客と海外販路に狙い 泡盛輸出で宮腰大臣も協議

     沖縄総合事務局は14日、泡盛の海外輸出を促進させる「琉球泡盛海外輸出プロジェクト」の第5回会合を開いた。宮腰光寛沖縄担当大臣や関係機関の代表者らが出席、輸出促進のための行動計画改定案を審議し了承された。訪日外国人客と海…
  • キャンプで防災力高める 避難生活の想定も 白保

     アウトドアを楽しみながら防災力を高めようと、第2回防災キャンプサイトマーケット(主催・マザーハートプロジェクト、ポタリングおきなわ)が13日午後、石垣市の白保やちむん館工房で行われ、延べ300人が来場した。災害時の一次…
  • 陸自配備 解けぬ対立の構図 4地区住民 市長突き放す

     歩み寄りを求める市と、突き放す住民側―。石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画を巡り、11日夜、駐屯地建設予定地周辺の4地区住民と中山義隆市長の初の面談が実現した。陸自配備に反対する住民らは、環境への影響に対する懸念…
  • 寄付型自販機を設置 交通事故被害者を支援 八重山で初

     交通事故被害者支援を目的として、清涼飲料の売上げの一部を犯罪被害者援助団体に寄付する自動販売機が12日午前、石垣市平得の県警察安全運転学校八重山分校に設置された。八重山地区交通安全協会(辻野ヒロ子会長)によると、犯罪被…
  • 市街地に光の架け橋 最新技術で夜のスポットに 石垣市

     石垣市の光の架け橋創出事業で設置されたサザンゲートブリッジのライトアップセレモニーが12日夜、同橋付近で開かれ、本格運用が始まった。新しい夜の観光スポットとして整備。ライトアップが始まると、サザンゲートブリッジがLED…
  • 國場幸一郎さん死去 県経済発展に貢献

     「國場組」会長などを歴任した國場幸一郎さんが11日未明、肝細胞がんのため那覇市の病院で死去した。86歳。  国頭村出身。1958年に國場組に入社し、同社社長、会長などを務めた。県建設業協会会長などとして県経済の発展に…
  • 那覇軍港移設23日協議へ 国と沖縄側、2年ぶり

     那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市への移設を巡る協議会が、23日にも防衛省で開かれることが、11日分かった。関係者が明らかにした。2年ぶりの開催。  協議会は、防衛省をはじめとする国の関係機関と沖縄県、那覇…

ピックアップ記事

  1.  華道家元の池坊琉櫻会與那國久枝社中は24日午前、毎年恒例の夏休み子ども生け花教室を開催した。主宰の…
  2.  海の恵みを知り、海への感謝を深めると同時に、親子間のコミュニケーションを図ろうと、石垣市教育委員会…
  3.  米中の「貿易戦争」が激化している。トランプ米大統領は23日、ツイッターで中国からの輸入品に対する関…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る