新規無料会員のお申し込み

電子新聞会員登録のご案内

  • 無料プラン
  • ※「登録」ボタンを押下することでID利用規約およびIDプライバシーポリシーに同意したものとみなしますので、お読みの上でお進み下さい。
  • この利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、株式会社八重山日報社が提供する「電子コンテンツ」の利用に関する諸事項を規定したものです。 総則 (用語の定義) 本利用規約では、以下の用語を使用します。 「当社」とは、株式会社八重山日報社をいいます。 「本サービス」とは、本利用規約に基づき当社が提供する学習サービス及びこれに付随するサービスをいいます。 「有料サービス」とは、本サービスのうち有料で提供されるサービスをいいます。 「利用者」とは、利用登録を行い、当社が承認したお客様をいいます。 「利用者ID」とは、当社が利用登録を承認した利用者に対して、利用者の申請に基づいて付与する、利用者を識別するための文字列のことをいいます。 「パスワード」とは、当社が利用者本人による利用であることを確認するために使用する、利用者の申請に基づいて利用者IDごとに付与する文字列をいいます。 (本利用規約の変更) 当社は、利用者の了承を得ることなく、本利用規約を変更することがあります。 この場合には、本サービスの利用条件は、変更後の本利用規約によります。 変更後の本利用規約については、当社が別途定める場合を除いて、本サービスのWebサイト上に表示した時点より効力が生じ、この表示をもって、利用者は変更後の本利用規約に同意したものとみなします。 (当社からの通知) 当社は、本利用規約とは別に、本サービスの提供・利用についてガイドライン等を制定すること、および本サービスのWebサイト上の表示その他当社が適当と判断する方法により、利用者に対し随時必要な事項(以下、「ガイドライン等」といいます)を通知します。 ガイドライン等は、当社が本サービスのWebサイト上に表示した時点より効力が生じるものとします。 ガイドライン等は、本利用規約の一部を構成するものであり、ガイドライン等と本利用規約とが異なる場合には、ガイドライン等の内容が本利用規約に優先して適用されます。 利用者 (利用者) 利用者は、当社所定の方法による利用登録を行なった時点で本利用規約の内容を承諾しているものとみなします。 利用者が未成年者等制限行為能力者である場合には、必ず法定代理人(保護者・親権者等)の方の同意を得てから、本利用規約への同意・承諾を行ってください。 当社は、制限行為能力者が本利用規約に同意し、また本サービスを利用する場合には、法定代理人の同意を予め得ているものとみなします。 利用者は、本サービスの各ソフトウェアに関し、その著作権その他一切の知的財産権が当社または当社に権利許諾する第三者に帰属することを確認します。 当社は、本サービスを利用することに限り、利用者にこれらのソフトウェアの使用を許諾します。 譲渡等禁止) 利用者は、利用者として有する権利を第三者に譲渡したり、売買、レンタル、リース、貸与、名義変更、質権の設定、またはその他の担保に供する等の行為はできないものとします。 (利用者からの届出) 利用者は、本サービス利用にあたり、当社所定の事項を届出るものとします。 前項の届出事項に変更が生じたときは、利用者は、速やかに当社所定の方法で変更の届出をするものとします。 第1項および第2項の届出がなかったことで利用者が本サービスの利用上、不利益を被ったとしても、当社は一切その責任を負いません。 (利用者からの解約等) 利用者が本サービスの利用を解約する場合は、当社所定の方法にて届出るものとします。 利用者資格は一身専属性のものとします。 当社は当該利用者の死亡を知り得た時点をもって、前項の届出があったものとして取り扱います。 (本サービスを利用する場合の機器等) 利用者は、本サービスを利用するにあたり必要なハードウェアおよびソフトウェア、オペレーティングシステム、回線、その他の一切を自己の責任と費用をもって準備するものとします。 利用者は、前項の他、電話代等の通信費、インターネットへの接続料金、電気代、その他本サービスを利用するために必要な費用が別途かかることを了承し、これを負担するものとします。 利用者の責任 (個人認証情報の管理責任) 利用者は、本サービスの登録手続において、利用者IDおよびパスワード(あわせて以下、「個人認証情報」といいます)を使用して、本サービスのログイン認証(以下、「個人認証」といいます)を受けることにより、本サービスを利用することができます。 利用者は、責任をもって個人認証情報を管理するものとし、以下の項目を守らなければなりません。 第三者にパスワードを教えないこと。 また、他者から指定されたパスワードに変更しないこと。 第三者に自分の利用者IDを使用させないこと。 第三者に推測されないパスワードとすること。 定期的にパスワードを変更すること。 第三者が使用する可能性のあるパーソナルコンピュータから本サービスを利用する場合は、利用が終わり、他者がパーソナルコンピュータを使用する前に、必ずログアウトしてインターネットブラウザを終了させること。 第三者にパスワードを盗用されたことが判明した場合、または他者にパスワードを盗用された疑いのあることが起きた場合、当社になるべく早く報告すること。 利用者が個人認証情報を失念した場合は、直ちに当社に申し出たうえで、当社の指示に従うものとします。 利用者の個人認証がなされた本サービスの利用やそれに伴う一切の行為は、第2項第2号に反してなされた第三者による本サービスの利用やそれに伴う一切の行為(常時接続サービス等、機器またはネットワークの接続・設定により、利用者自身が関与しなくとも個人認証がなされ、第三者による利用が可能となっている場合を含みます)も含め、当該利用や行為が利用者自身の行為であるか否かを問わず、利用者による利用 および行為とみなします。 利用者の個人認証情報を利用して利用者と第三者により同時に、または第三者のみによりなされた接続等の機能および品質について、当社は一切保証いたしません。 利用者は、自己の個人認証情報の管理について一切の責任を負うものとします。 当社は、当社の責に帰すべき場合を除き、利用者の個人認証情報が第三者に使用されたことによって当該利用者が被る損害については、当該利用者の故意過失の有無にかかわらず一切責任を負いません。 利用者は、自己の個人認証情報による本サービスの利用(本条により、利用者による利用とみなされる第三者の利用を含みます)にかかわる一切の責任を負うものとします。 (自己責任の原則) 利用者は、利用者による本サービスの利用と本サービスを利用してなされた一切の行為(前条により、利用者による利用または行為とみなされる第三者の利用や行為を含みます。以下同様とします)とその結果について一切の責任を負います。 利用者は、本サービスの利用により当社または第三者に対して損害を与えた場合(利用者が、本利用規約上の義務を履行しないことにより第三者または当社が損害を被った場合を含みます)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。 (通知確認の義務) 利用者は、当社が本サービスのWebサイト上で通知する内容を逐次確認する義務を負うものとします。 (禁止事項) 利用者は本サービスの利用にあたり、次の行為を行ってはなりません。 当社または第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為。 当社または第三者のプライバシーもしくは肖像権その他の権利を侵害する行為。 当社または第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。 詐欺等の犯罪に結びつく行為。 公序良俗に違反(暴力、残虐、わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待等)する文書・画像等を送信もしくは表示する行為、もしくはこれらを収録した媒体を広告・販売する行為。 ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。 無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。 当社もしくは当社の関係者または第三者になりすます行為。 選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為および公職選挙法に抵触する行為。 宗教活動、団体への勧誘行為。 営業活動、営利を目的として利用する行為。 当社または第三者に対し、無断で広告・宣伝・勧誘等のメッセージ等を送信する行為、または嫌悪感を抱くメッセージ等(嫌がらせメッセージ等)を送信する行為、第三者のメッセージ等の受信を妨害する行為。 連鎖的なメッセージ等の転送を依頼する行為および当該依頼に応じて転送する行為。 当社の本サービス用設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下同様とします)、 第三者の設備に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為。 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により第三者の個人情報を収集する行為。 本人の同意を得ることなく第三者の個人情報を開示する行為。 当社または第三者の文章・画像等を無断で改変する行為。 当社が承認した場合を除き、ソフトウェアの複製、第三者に対する再頒布、貸与、販売する行為。 当社が提供するソフトウェアの解析、逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、改変する行為。 当社が提供するソフトウェアを不正に利用してプログラムを開発する行為、もしくはその利用行為。 当社の本サービス設備やソフトウェアの不具合もしくは障害を不正な目的で利用すること、それを第三者へ伝達する行為。 当社の定める利用条件、操作手順等に従わない行為。 本サービスを不正に操作する外部ツールの利用・作成・頒布・販売等を行う行為。 本サービスのWebサイトに掲載されている情報の改竄、消去等、不正なアクセスその他の行為、また、かかる行為を行おうと試みる行為。 対価を支払わずに有料サービスを利用する行為。 上記各号の他、当社の本サービス設備に侵入する行為、本サービスの運営を妨害する行為、または当社もしくは第三者に不利益を与える行為。 法令に基づき監督官庁等への届出、許認可の取得等の手続が義務づけられている場合に、当該手続を履行せず、その他当該法令に違反する行為。 上記各号の予備行為であると当社が判断する行為。 有料サービス (利用料金) 利用者は、有料サービスを利用する場合には、当社所定の利用料金(以下「本利用料金」)を支払うものとします。 本利用料金は、本サービスのWebサイト上に掲載するものとします。 当社は、利用者の了承を得ることなく、本利用料金を変更することができるものとします。 本利用料金の変更は、変更後の本利用料金が本サービスのWebサイト上に表示された時点より効力が生じるものとします。 (決済) 利用者は、当社所定の決済方法にて本利用料金を支払うものとします。 当社は、理由の如何を問わず、決済済みの本利用料金の払戻しをしないものとします。 退会、解約の場合も同様とします。 利用者が決済方法を第三者に不正利用されたことにより発生した利用者の不利益および損害について、当社の責に帰すべき場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。 (本サービス運営の委託または譲渡) 当社は、本サービスの運営の全部または一部を第三者に委託することができ、また、本サービスの運営に関する権利、義務の全部もしくは一部(それに伴う個人情報を含む)を第三者に譲渡することができるものとします。 (本サービスの中止と内容等の変更) 当社は利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を中止することがあります。 当社は、理由および予告なしに、また利用者に事前に通知することなく、本サービスの提供内容・仕様等の決定・変更・追加・削除、ならびに本サービスの全部または一部の制限・一時中断等を行うことができます。 当社は、前二項に伴う利用者または第三者の損害についての措置を除き、一切責任を負いません。 但し、当社に故意または重過失がある場合を除きます。 (本サービスの一時的な中断) 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスを中断することがあります。 本サービス用設備等の保守を定期的にまたは緊急に行なう場合。 火災、停電、通信手段の不調、第三者による通信妨害、その他社会インフラの障害等により本サービスの提供ができなくなった場合。 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。 その他、運用上または技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合。 当社は、前項各号のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する利用者または第三者が被った損害について、一切責任を負いません。 (当社の責任) 当社は、本利用規約に明記されないものについては一切責任を負いません。 また、当社は当社が提供するソフトウェアやデータ等、および/または第三者が登録する情報データ((情報の閲覧)で規定します)について、その完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、いかなる責任も負いません。 ただし、有料サービスに関するソフトウェアに隠れた瑕疵のある場合は、当社は当該瑕疵を修補する責任のみを負うものとします。 利用者が本サービス用設備に蓄積した学習履歴などのデータ等が消失(有効期限の経過、本人による削除も含みます)し、または第三者により改ざんされた場合、当社はそれを復旧する責任を負いません。 本サービスの内容は当社がその時点で提供可能なものとし、利用者に対する当社の責任は、利用者が支障なく本サービスを利用できるよう、善良なる管理者の注意をもって本サービスを運営することに限られるものとします。 当社は本サービスの利用により発生した利用者の損害(第三者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます)、および本サービスを利用できなかったことにより発生した利用者または第三者の損害に対し、いかなる責任も負いません。 但し、当社に故意または重過失がある場合を除きます。 いかなる場合においても、当社の損害賠償責任は、請求の原因の如何を問わず、利用者に現実に生じた通常かつ直接の損害に限るものとし、間接損害、特別損害、付随的損害、派生的損害、および偶発的損害(利用機会の喪失、およびデータの喪失を含みますが、これに限られません)については、たとえ当社がかかる損害が発生する可能性を事前に通知されていたとしても、当社は責任を負わないものとします。 いかなる場合においても、当社の損害賠償責任は、当該損害賠償責任の原因となる事実が発生した日から遡って3ヶ月間に利用者が当社に支払った本利用料金の総額を上限とします。 前2項の規定は、当社に故意または重大な過失がある場合は適用されないものとします。 (利用者と連絡が取れない場合の処置) 当社は、以下のいずれかの場合、当該利用者の了承を得ることなく、当該利用者に付与したIDの使用を停止することがあります。 電子メール等による連絡がとれない場合。 前号の他、当社が緊急性が高いと認めた場合。 当社が前項の措置をとったことで、当該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、当社は責任を負いません。 (利用規約違反の場合の処置) 当社は、利用者が利用規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、利用者による本サービスの利用に関し第三者から当社にクレーム・請求等が為されかつ当社が必要と認めた場合、またはその他の理由で不適当と当社が判断した場合は、当該利用者に対し、次のいずれかまたはこれらを組み合わせて講ずることがあります。 利用規約に違反する行為またはそのおそれのある行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求します。 第三者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議(裁判外紛争解決手続きを含みます)を行なうことを要求します。 利用者が発信または表示する情報を変更、削除することを要求します。 利用者が発信または表示する情報の全部もしくは一部を削除し、または第三者が閲覧できない状態に置きます。 本サービスの利用を一時停止とし、または退会処分とします。 利用者は、第1項の規定は当社に同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことを承諾します。 また、利用者は、当社が第1項各号に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関し、当社を免責するものとします。 利用者は、第1項の第4号および第5号の措置は、当社の裁量により事前に通知なく行われることを承諾します。 (本サービス利用の一時停止または退会処分) 前条にかかわらず、利用者が次のいずれかに該当する場合は、当社は当該利用者に事前に何等通知または催告することなく、本サービスの利用を一時停止とし、または退会処分とすることができるものとします。 本サービスの利用者資格を失った場合。 当社から前条第1項第1号から第3号のいずれかの要求を受けたにもかかわらず、要求に応じない場合。 (禁止事項)に該当した場合。 有料サービスの利用料金を滞納した場合。 その他当社が利用者として不適当と判断した場合。 退会処分とされた利用者は期限の利益を喪失し、当社に対して負担する債務の一切を一括して履行するものとします。 利用者がIDを複数個保有している場合において、当該IDのいずれかが使用の一時停止または退会処分の対象となったときは、当社は、当該利用者が保有する他のすべてのIDの使用を一時停止とし、または退会処分とすることができるものとします。 利用者が(禁止事項)各号または第1項各号のいずれかに該当することで、当社が損害を被った場合、当社は退会処分または当該IDの時停止の有無にかかわらず、当該利用者に被った損害の賠償を請求できるものとします。 情報の管理 (情報の閲覧) 本サービス上において利用者同士の間で送受信・交換などする情報および/または本サービス上に登録もしくは記録した文字・記号・ログ・文章・画像等(以下、「情報データ」といいます)について当社が必要であると判断した場合は、当社はその情報データを自由に閲覧することができるものとします。 利用者は、当社または当社が指定する第三者が、前項に定める情報データを、広告・宣伝・公衆送信・出版等(当社のWebサイト・会社案内・事業案内における掲出、広告宣伝をテーマとする記事、雑誌・書籍等を含みますが、これらに限りません)のために、無償かつ無期限に使用できることを承諾するものとします。 但し、当社または当社が指定する第三者は、情報データのうち、1つあるいは2つ以上を組み合せることによって特定の個人を識別できる情報の公開はいたしません。 (情報データの削除) 情報データが当社の定める所定の期間もしくは容量の制限を超える場合、もしくは(禁止行為)のいずれかに該当する場合、または、本サービスの運営および保守管理上の必要上やむを得ないと当社が判断した場合には、当社は利用者に事前に通知することなく削除、変更もしくは移動(以下、「削除等」といいます)することができるものとします。 前項に基づく情報データの削除等により損害が利用者または第三者に生じても、当社はいかなる責任も負いません。 当社は、本条に定める削除等の判断と実行について何らの義務も責任も負うものではありません。 個人情報 (個人情報) 利用者が本サービスの利用登録を行うにあたり入力した個人情報に関しては、当社の「プライバシーポリシー」 が適用されます。 その他 (準拠法) この利用規約に関する準拠法は、日本法とします。 (テストサービス) 当社は、あらかじめ本サービスのWebサイト上に一定の実施期間を掲示のうえ、本サービスの全部または一部について、「ベータテスト」「ベータサービス」等のテストサービス(以下「テストサービス」といいます)を行う場合があります。 テストサービスは、本サービスの正式化へ向けての開発中のバージョンで行うテストです。 テストサービスの利用により利用者に何らかの不利益および損害が発生する可能性がありますが、当社はこれらの不利益および損害について一切の責任を負いません。 テストサービスの実施期間中に提供される機能および各種の数値はあくまでも開発中のものであり、正式化後の内容とは異なる可能性があります。 利用者は、テストサービス中に不具合やテストサービスにかかわるその他の問題を見つけた場合、これを直ちに当社に報告する義務があります。 またこれらの情報を、当社以外の第三者に一切公開してはなりません。 利用者からの不具合報告・意見・要望等に関しては、当社が指定する方法にて受け付けるものとし、利用者はテストサービスに関係のない不具合報告・意見・要望等は行ってはなりません。 2018年10月1日 制定
 


  • SSL GMOグローバルサインのサイトシール


    ▪️会員情報、パスワードの変更はこちら
    ▪️パスワードを忘れた方はこちら

    ピックアップ記事

    1.  竹富町初となる子育て支援員研修の開講式が17日、竹富町役場で開かれ、町内から13人の受講生が参加し…
    2.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、沖縄防衛局は13日、石垣市に対し、市有地の取得計画範囲が確定したと…
    3.  石垣市が世界各国の大使らを招待し、12月に開かれる世界平和の鐘設置30周年記念イベント「ピースベル…

    日付から記事を検索

    2018年11月« 10月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    assembled by まめわざ









    話題をチェック!

    1.  那覇市長選では、玉城デニー知事が支援する城間幹子氏が再選された。誕生したばかりの玉城県政は、もとも…
    ページ上部へ戻る