海洋プラ問題の解決訴え 世界一周の調査船が初入国 石垣港

 世界を一周しながら、各国で海洋プラスチックごみ問題の解決を訴えている調査船「レース・フォー・ウォーター」号が24日、日本に初入国し、石垣港に寄港している。28日までの石垣島滞在中、海水がどの程度汚染されているか調べるため、サンプルを採取。今後は本州に向かい、8月まで日本に滞在する予定。
 同船はスイスに本部を置く「レース・フォー・ウォーター」財団が所有し、2017年、フランスから世界一周の航海を開始。30カ所以上の寄港を計画しており、大西洋、カリブ海、南太平洋の各国に立ち寄ったあと、フィリピン、香港を経て石垣港に達した。
 双胴船で、全長約30メートル、高さ約8メートル。動力は自然再生エネルギーで、512平方メートルのソーラーパネルを搭載し、リチオムイオンバッテリーを充電する。
 40平方メートルのカイト(たこ)の推進力でも船を動かせる。海水を汲み上げて水素を生成し、電気に変換する装置もある。化石燃料は使用していない。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  VERA(ベラ)石垣島観測局の存続を求める八重高生の有志7人のグループ「ベラジニア」と、高校生をバ…
  2.  石垣市立平真小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が22日午後、同…
  3.  さまざまな分野の有識者たちが島嶼地域の課題解決をする場「アイランダーサミット石垣2020」(主催・…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の胡春華(こ・しゅんか)副首相は18日、河野洋平元衆院議長が会長として率いる日本国…
ページ上部へ戻る