授精所無届け全体の8分の1 八重山郡の家畜授精師 県、調査に乗り出す

授精所開設届の履行などを授精師に促した説明会=23日午後、八重山家畜保健衛生所

 石垣市と竹富、与那国両町の八重山郡内の家畜人工授精師の中で授精所の開設届を県に出して許可を得ている人が全体の8分の1に満たないことが分かった。家畜改良増殖法は開設届の提出を義務づけていて、県八重山家畜保健衛生所は違法の可能性があるとみて調査に乗り出す。
 衛生所によると、郡内には約250人の授精師が在住し、このうち授精所の開設届を出して許可を得ている人は28人にとどまる。
 昨年8月までは17人にすぎず、衛生所が授精師に改善を促した。11人が新たに届を出して計28人になったが、全体的にはなお低調のまま推移している。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は23日、八重山、宮古島地方を視察した自民党県議団で石垣市区選出の大浜一郎氏(58)ら9人が新た…
  2.  的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのでは…
  3.  宮古、八重山を視察した自民党県議団10人が新型コロナウイルスに感染した件で、検査で陽性が判明した石…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る