AI活用し希少種守る 環境省とドコモ、実証実験

画像認識AIをブースで実演する=22日ICTセミナー

 沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモは21日、ドコモの画像認識AI「画像認識エンジン」を活用したカメの希少種の判定を行う実証実験を始めた。
 対象となる希少なカメはリュウキュウヤマガメ、ヤエヤマセマルハコガメ、ヤエヤマイシガメの3種類で画像認識エンジンを活用したアプリで撮影するとAIが画像を瞬時に判別して希少種かどうかを表示する。
 密猟・盗掘防止パトロールの現場や空港・フェリー乗り場などの手荷物検査時や郵便、宅配の受け付けなどで実証実験が進められる。動植物の知識が少ない職員でも判別可能になり、島外への持ち出しを未然に防ぐことが期待される。
 NTTドコモの龍秀樹沖縄支店長は「希少動物かは素人はわかりにくい。アプリで即時に判別できるので水際対策で活用したい」と期待した。
 この日発足した「世界自然遺産推進共同企業体」とも連携。今回対象とする希少なカメは同団体のNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の協力でデータベースが作成された。今後、AIを使った希少種判別の種類も増やしていく予定という。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山観光フェリー㈱(大松宏昭代表取締役社長、YKF)と㈲安栄観光(森田安高代表取締役)は7日、中…
  2.  国内最大クラウドファンディングサービス会社、Ready For(レディフォー)株式会社は、「新型コ…
  3.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県医師会の安里哲好会長は7日午後、県庁で記者会見し、症状がある…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  年間約50万人が訪れる人気観光地の竹富島で9月1日から、観光客は1人300円の入域料(入島料)の支…
ページ上部へ戻る