漂着ごみでアート製作 離島ターミナルにボックス

観光客参加型の漂着プラスチックごみを利用したアートボックス=離島ターミナル、平田観光前

 離島ターミナル内の平田観光のカウンター付近にこのほど、YAMANEKO530ART PROGECT(ヤマネコ ごみゼロ アートプロジェクト)と銘打ち、漂着プラスチックごみを活用してアートをつくるアクリル製のボックスが設置された。
 八重山諸島の海岸にある約8センチ以下の小さなごみを拾い、アートボックスに入れることでごみが溜まり、ボックスのヤマネコの部分が彩られていく仕組み。アートボックスの大きさは一畳分ほど。
 アートボックス設置は西表島の自然と文化を守るためのプロジェクトの一環。イリオモテヤマネコをモチーフとした靴(ユニークエヴォ)も販売し、売上の10%を環境保護活動に充てている。チャリティーグッズも協賛企業で通販サイトのKEENや同プロジェクトのホームページで販売。協賛企業や個人の資金援助も募集している。
 フェイスブックとインスタグラムも公開中。
 ホームページは www.us4iriomote.org

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県医師会の安里哲好会長は7日午前、県庁で記者会見し、本土に住む県出身者に対し、旧盆の休みは帰省しな…
  2.  2020年度真栄里村豊年祭・オンプールが7日午後、ことし8月に整備された安居(あんぐん)公園内の安…
  3.  県八重山保健所は7日、西表島(竹富町)でバーベキューをしたグループのうち新たに島西部の男性3人が新…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は13日、黒糖(含蜜糖)の品質に優れたサトウキビの新品種「RK03―3010」を開発し、竹富町波…
ページ上部へ戻る