【視点】沖縄と香港 全く環境が違う

 香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する住民運動は、日本でも連日大きく報道されている。香港での街頭デモには強く共感するが、沖縄の基地反対派が「条例改正を求める中国政府の強権的な姿勢は、米軍普天間飛行場の辺野古移設を強行する日本政府と同じだ」と主張しており、違和感を禁じ得ない。沖縄の基地反対運動と香港の民主化運動は全く背景が異なるからだ。
 民主主義と独裁政治の国の最大の違いは、報道の自由の有無だ。独裁国家では、政府批判の報道は許されない。
 中国で放映されるNHKの海外放送が香港の民主化デモのニュースを流すと、にわかに画面が真っ黒になって放送が中断された。中国当局がニュースを検閲しているのである。今年は天安門事件から30年だが、その関連ニュースも、同様な措置のため中国では視聴できない。
 中国国営テレビのニュース番組が流す台湾の映像には、何度も不自然なモザイクがかかる。台湾の「国旗」が国民の目に触れないよう画像処理をしているからだ。そのような姑息(こそく)な手段を使ってまで、中国政府は国民に不都合な事実を隠ぺいし続けている。
 高度な情報化社会が実現した21世紀の現在、13億人の国民が、こうした時代錯誤な報道統制下に置かれているのである。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島で自然体験ツアーを行なっている21事業者から構成される団体「石垣島アウトフィッターユニオン」…
  2.  県は25日午後、県議の男性1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県議会事務局は同日、…
  3.  大浜中学校(島仲信秀校長、生徒418人)は25日、2020年度校内合唱コンクールを同校体育館で開催…

日付から記事を検索

2020年10月« 9月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が昨年6月、沖縄県沖に墜落した事故で、米側はパイロ…
ページ上部へ戻る