【視点】昭和天皇の苦悩うかがえる新資料

 弱肉強食の帝国主義時代や、戦後の冷戦期を国政の中心で見つめ続けてきた人物ならではのリアリズムと心痛が感じられる。
 70年余の平和を享受してきたとはいえ、現在の日本も、四方から迫る新たな脅威への対応を迫られている状況は変わらない。国の独立と軍事力の関係、日本の再軍備を禁止した憲法9条と、沖縄の米軍基地負担がセットになっている現実を改めて考えずにはいられない。
 日本が戦争に至った理由について昭和天皇は、下位の人間が上位をしのいで実権を握る「下剋上」という言葉を使い、当時の軍部を批判した。さまざまな証言をつなぎ合わせ、膨大な犠牲と敗戦に至った経緯を再検証する作業は欠かせない。
 再三退位を検討した形跡や、戦争に対する反省の念、かつての首相だった東条英機、近衛文麿といった政治家の人物評など、従来も研究書などで知られていたが、今回初めて昭和天皇の肉声として明らかになった事実は多い。
 時代は昭和から平成を経て令和へと移った。時代の変遷を経て冷静に見つめ直すことで、改めて再発見できる歴史もありそうだ。

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国海警局の船が尖閣諸島周辺海域に侵入し、与那国町漁協所属の漁船を追尾した問題で、県東京事務所の上…
  2.  任期満了に伴う沖縄県議選が29日告示される。石垣市区(定数2)では、ともに2期目を目指す与党の無所…
  3.  石垣市観光交流協会は新型コロナウイルス感染防止策を観光業の業種別にまとめたガイドラインを策定した。…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る