アーカイブ:2019年 6月 24日

  • 【視点】沖縄の品位下げた追悼式

     沖縄戦犠牲者の冥福を祈る県の沖縄全戦没者追悼式は、今年も米軍普天間飛行場の辺野古移設断念を訴える知事の政治ショーと化した。安倍晋三首相に浴びせられた罵声も、御霊の安らかな眠りを妨げなかっただろうか。このような行為を、間…
  • 首相にやじと罵声 参列者のマナー低下 追悼式

     23日の沖縄全戦没者追悼式では、昨年と同様、安倍晋三首相へのやじが相次ぎ、会場は一時騒然となった。参列者の一部からは「うそつけ」「海を殺すな」「辺野古を止めろ」「安倍は辞めろ」など、国が進める米軍普天間飛行場の辺野古移…
  • 「尊い平和引き継ぐ」 戦争マラリアの犠牲者追悼 八重山

     沖縄戦末期、八重山に駐屯した日本軍の指示で住民がマラリア有病地帯に強制疎開させられ、3647人が死亡した「八重山戦争マラリア」犠牲者追悼式(主催・石垣市)が23日、バンナ公園の慰霊碑前で開かれた。中山義隆市長は「戦争の…
  • 知事、辺野古断念要求 戦没者追悼式で平和宣言

     沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で20万人超となった戦没者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。県は最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園で、恒久平和への思いを継承する「沖縄全戦没者追悼式」を開いた。就任後、初め…
  • 新栄公園で鐘打式 世界平和実現に決意

     世界平和の鐘の会県支部(大濵達也支部長)は慰霊の日の23日正午、新栄公園内の平和の鐘鐘楼で市平和祈念鐘打式を開いた。参加者約40人が正午のサイレンを合図に1分間の黙とうを捧げ参加者は鐘を鳴らした。  大濵支部長は「平…

ピックアップ記事

  1.  約600年の伝統があると言われ、国の重要無形民俗文化財の指定を受ける竹富島の「種子取祭(タナドゥイ…
  2.  試合後、新里和久監督はミーティングを開き、部員らに「野球さえ良ければ良いという考えじゃなく、人とし…
  3.  県は21日午後、第57回技能五輪全国大会・第39回全国アビリンピックの選手団結団式を行った。愛知県…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年6月« 5月7月 »
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  年間約50万人が訪れる人気観光地の竹富島で9月1日から、観光客は1人300円の入域料(入島料)の支…
ページ上部へ戻る