29日から100人規模で訪韓 下地氏、日韓修復を主張

 日本維新の会県総支部代表の下地幹郎衆院議員は3日から3日間、韓国を訪問し、現地の国会議員や経済界関係者などと懇談した。6日のメールマガジンで「日韓関係を正常な姿に戻し、経済・文化において、これまで以上の強い絆をつくることが大事であるということを伝えてきた」と報告。29日から3日間、韓国・沖縄友好ツアーを企画して、100人規模で訪韓する計画も明らかにした。
 この中では「朝鮮半島の平和が確立されなければ沖縄の過重な米軍基地負担は軽減されることはない」と強調。訪韓を発表した直後、「今の時期の訪韓は政治的リスクが大きい」と批判されたというが「リスクが大きければ大きいほど、戦略を持って行動するのが政治家」と反論した。

 日韓関係の悪化による韓国人観光客の減少について「沖縄には年間50万人の韓国人客が訪れており、外国人客300万人の16%に当たる。今の状態が長期に続くことは沖縄観光にとって大打撃」と指摘した。
 6日には玉城デニー知事が「手に手を取って、ともに日韓の友好推進に取り組もう」と韓国側に呼び掛けるメッセージを発表。沖縄から日韓融和を呼び掛ける動きが目立つ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスの感染が全国で拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は3月31日、市役所で…
  2.  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は3月31日朝、玉城デニー知事…
  3.  大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、石垣市の中山義隆市長が感染の可能性がある観光…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者…
ページ上部へ戻る