中国公船「挑発しないで」 海保呼び掛け、緊迫の海域 尖閣出漁の仲間氏証言

海保の巡視船と並走し、高洲丸を追尾する中国公船「海警1501」(手前)=24日午前(仲間均市議提供㊧)。中国公船と遭遇した状況を語る仲間氏(㊨)=25日午前、石垣市大川

「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び掛けた。尖閣諸島海域へ出漁して石垣島に戻る途中、中国公船に追尾された漁船「高洲丸」。乗り組んだ仲間均市議が25日、八重山日報社の取材に応じ、当時の緊迫した状況を証言した。
 中国公船「海警」が目の前に現れたのは24日午前9時20分ごろ。尖閣諸島と石垣島の中間地点あたりの海域だったという。高洲丸出漁の情報をキャッチし、待ち伏せていたようなタイミングだった。
 高洲丸は前後左右を巡視船にガードされていた。うち1隻の巡視船の甲板に海上保安官が出て、拡声器で「進路を変更してください」と仲間氏に声を掛けた。直接呼び掛けるのは「無線だと傍受される恐れがあるから」と説明したという。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  北谷町(野国昌春町長)は19日午後、町役場で、アラハビーチの水難事故現場で香港籍の少年を救助した嘉…
  2.  第4回いしゃなぎら字会学級「親子で竹とんぼを作ろう」が18日、石垣公民館で開かれ、石垣青年会の希望…
  3.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、平得大俣地区の駐屯地建設予定地の半分を占める市有地の売却議案は、市…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  「八重山は日本一多くの星と出会える場所」とPRしている石垣島天文台は大型連休初日の27日から、同施…
ページ上部へ戻る