県、陸自に災害派遣要請 石垣の外来「モデルケース」

 新型コロナウイルスの感染者を医療機関から那覇市の療養施設に搬送するため、玉城デニー知事は23日、陸上自衛隊第15旅団に災害派遣を要請した。23日から準備を始め、24日から本格的な搬送を開始する予定。期間は30日まで。保健所や民間の事業者では迅速な搬送が困難なため、陸自の支援を求めた。
 県保健医療部の糸数公統括監は23日、クラスター(感染集団)が発生した可能性のある石垣市で、新型のコロナウイルス相談外来を開設し、患者の掘り起こしと抑え込みに一定の成果を上げていることに言及。
 石垣市の相談外来に関し「モデルケースになる」と指摘し、今後、沖縄本島でも参考にしたい考えを示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 26日に開催された2020年度「防風林の日」関連行事の第2部では、宮良地区で国・県の特定地域経営支援…
  2. 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)=岩手県奥州市=を拠点とするVERA(ベラ)プロジェクト…
  3. 2020年いっぱいで解散する、石垣島で生まれ育った幼なじみの女性ユニット「やなわらばー」が23日、東…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画が進む駐屯地建設予定地入口で20日朝、推進派が設置したのぼりがへし折ら…
ページ上部へ戻る