【視点】通信障害11時間 危機管理に教訓

 台風18号の影響で9月30日夜、石垣市、竹富町で電話やインターネットが一斉に使用不能になる通信障害が発生した。
 離島は沖縄本島や本土のように、陸続きで他の自治体へ移動できないため、いったん情報が遮断されれば、深刻な孤立状態に陥る。
 市民生活は日常的に携帯電話やインターネットに依存しているため、経済、福祉、医療などあらゆる分野の機能がマヒしてしまう。離島が文字通りの孤島になる。今回の事態で、便利なネット社会に潜む落とし穴があらわになった。約11時間の出来事だったが、今後の危機管理に大きな課題を残したと言える。
 通信障害の発生は突然だった。9月30日午後9時45分ごろ、八重山日報では、ちょうど記者が電話で台風情報を取材していたが、音声がぷっつり途絶えた。何度掛け直しても通じず、社員全員のスマホの通信状態が同時に「圏外」になった。インターネットも使えなくなった。
 外の天候は台風で大荒れ。簡単に屋外に出ることはできない。外部との連絡をどうするか考えなくてはならなかった。テレビでは継続的に台風情報を報じていた。だが地域によっては停電していた世帯もある。不安な一夜を過ごした住民も多い。
 電話とインターネットが島ぐるみで長時間にわたりシャットダウンする状況は、恐らく初めてではないか。沖縄本島と石垣島間では、行政機関が何とか衛星電話を利用して連絡していたが、市民レベルでは全く情報のやり取りができない。離島の離島である竹富町の島々では、孤立化はいっそう深刻である。

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は11日、7~11日にかけて沖縄に駐留する米軍関係者計61人の新型コロナウイルス感染を確認したと…
  2.  東京都で新型コロナウイルス新規感染者が3日連続で200人を超し、石垣市で5人目の感染者が確認される…
  3.  石垣市の県道富野大川線で街路樹として植栽されたフィカスハワイという樹木の枝が道路をまたいで、緑のア…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄平和市民連絡会の関係者らは19日、県庁を訪れ、米軍普天間飛行場の辺野古移設に必要な土砂が採掘さ…
ページ上部へ戻る