気象観測続け122年 国内初の百年観測所認定 石垣島地方気象台

百年観測所認定プレートの除幕式が開かれた=5日、石垣島地方気象台

 石垣島地方気象台(野崎太台長)が2017年5月に第17回世界気象機関(WMO)総会で百年観測所に認定され5日、同気象台構内で認定を記念した認定記念碑プレートの除幕式が開かれた。18年現在、WMO認定は国内初。全世界で116カ所が認定されている。
  WMOは17年、質の高い気候監視を継続することを促進するため、百年観測所の認定制度を導入。選定基準は、▽100年異常前から現在まで観測している▽気候的特徴に影響する移転がない▽WMOの観測基準に従って運営している―などがある。気象庁が同気象台をWMOに推薦し、認定を受けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府は17日、地域の関係機関を束ね、観光地づくりの司令塔となる法人「日本版DMO」に、八重山ビジタ…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  30日投開票の知事選。有権者は候補者に何を求めるのか。八重山日報社は29日までに、街頭で県民の意見…
ページ上部へ戻る