「陛下、国民に寄り添われた」 国際通りで奉祝パレード

奉祝パレードの様子=23日夜、国際通り

 天長節(天皇陛下の御誕生日)だった23日、県民有志らによる奉祝パレードが那覇市の国際通りを練り歩いた。100人ほどの参加者は午後6時過ぎに牧志公園をスタートし、県庁に向かってパレードを行った。「天皇陛下、お誕生日おめでとうございます」「天皇陛下、万歳」「平成の御世、万歳」と叫び、手に持った日の丸の旗を高く掲げて万歳した。日没後の国際通りは多くの観光客や地元客でごった返しており、通行人らは突然現れた「日の丸行進団」に手を振り、スマートフォンで写真を撮るなどした。
 パレードは、県民有志らで構成する「天長節奉祝パレード沖縄実行委員会」が主催。参加者の翁長潤さん(52)は「県庁が近づくにつれ、平成が最後なんだという高揚感が湧いてきた」と振り返り、自然災害が多発した中、国民に寄り添われた天皇皇后両陛下を思うと「うるっと来た」と感慨深げだった。
 近隣飲食店の男性は、「皇太子さまの時代は、更に国民と近くなるだろう」と話し、次の御世に期待と希望を膨らませた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う~比嘉聰・大倉源次郎 人間国宝認定記念公演~」(主催・同実行委…
  2.  大学入試センター試験が18日、全国689会場で一斉に開始された。会場となった県立八重山高校での志願…
  3.  石垣市婦人連合会(石垣敦子会長)が18日午後、市新川出身で、女性初の関東沖縄IT協議会会長として活…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は昨年3月に策定した「沖縄空手振興ビジョン」で示した将来像の実現を目的に、具体的な工程などを定め…
ページ上部へ戻る