「陛下、国民に寄り添われた」 国際通りで奉祝パレード

奉祝パレードの様子=23日夜、国際通り

 天長節(天皇陛下の御誕生日)だった23日、県民有志らによる奉祝パレードが那覇市の国際通りを練り歩いた。100人ほどの参加者は午後6時過ぎに牧志公園をスタートし、県庁に向かってパレードを行った。「天皇陛下、お誕生日おめでとうございます」「天皇陛下、万歳」「平成の御世、万歳」と叫び、手に持った日の丸の旗を高く掲げて万歳した。日没後の国際通りは多くの観光客や地元客でごった返しており、通行人らは突然現れた「日の丸行進団」に手を振り、スマートフォンで写真を撮るなどした。
 パレードは、県民有志らで構成する「天長節奉祝パレード沖縄実行委員会」が主催。参加者の翁長潤さん(52)は「県庁が近づくにつれ、平成が最後なんだという高揚感が湧いてきた」と振り返り、自然災害が多発した中、国民に寄り添われた天皇皇后両陛下を思うと「うるっと来た」と感慨深げだった。
 近隣飲食店の男性は、「皇太子さまの時代は、更に国民と近くなるだろう」と話し、次の御世に期待と希望を膨らませた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域の…
  2.  観光客の急増で狭隘(きょうあい)化が指摘される新石垣空港の国内線ターミナル増改築の着手が、2021…
  3.  第24回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦・全日本少年少女空手道選手権大会(主催・社団…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  7月に予定される参院選沖縄選挙区(改選数1)に出馬を予定する高良鉄美琉大名誉教授(65)は4日、社…
ページ上部へ戻る