【金波銀波】的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は…

 的外れな〝政権叩き〟を繰り返す野党と一部メディア。実は彼らこそ、権力への夢と希望を持っているのではないか◆夢があれば幻滅があり、希望があれば絶望がある。執拗なまでに政府に幻滅し絶望するのは、その裏返しとして権力に対する夢と希望を持っているからだろう。権力を過剰に嫌悪しながら、一方で激しい権力欲から逃れられない。矛盾する欲望の渦に呑まれているように見える◆昨今の政権〝批判〟を見るに批判に値せず、難癖ですらない。倒閣の要素が何一つないモリ・カケにしても、過日本欄で指摘した日本学術会議にしても。ここには権力への夢と希望以外に加え、歪んだ正義感や〝やんごとなき事情〟がありそうだ◆事情で思い当たるのは、中国共産党や北朝鮮に関する偏向報道の数々である。大躍進政策や文化大革命、北への帰還事業や拉致事件。殊にその頃は「革命」への夢と希望もあったと聞く。彼の地の実態が明らかになった現在も、依然、その夢と希望を捨て切れていないのではないか◆「リアリスト(現実主義者)/ドリーマー(夢想家)」という対立構造が描かれて久しい。権力に幻滅し絶望する彼らは、その意味でも夢想家と言える。そして彼らについて筆を執る私もまた、ある種の夢想家なのだろう。   (S)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  VERA(ベラ)石垣島観測局の存続を求める八重高生の有志7人のグループ「ベラジニア」と、高校生をバ…
  2.  石垣市立平真小学校創立130周年記念式典(主催・同校創立130周年記念事業期成会)が22日午後、同…
  3.  さまざまな分野の有識者たちが島嶼地域の課題解決をする場「アイランダーサミット石垣2020」(主催・…

日付から記事を検索

2020年11月« 10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は16日から、日本国際貿易促進協会の第44回訪中団に参加し、19日までの日程で北京を…
ページ上部へ戻る